長畑歯科医院の4つの特徴

世代・年代別

子ども(乳幼児期)
子ども(乳幼児期)

お子さんの口腔内の状態を把握することで、早い段階でのむし歯の発見、処置、経過観察といったむし歯のコントロールができます。

子ども(乳幼児期)
子ども(学齢期)
子ども(学齢期)

子どもの歯と大人の歯が混在する小学生の時期と永久歯が生え揃う中学生の時期は、あごの成長・発育に大切な時期です。

子ども(学齢期)
子どもの矯正
子どもの矯正

歯並びは見た目だけでなく、機能面でも悪影響を及ぼします。成長発育を利用して好ましい噛み合せを目指すこともできます。

子どもの矯正
成人期
成人期

社会人となり多忙でメンテナンスに通院できなくなるこのライフステージに、むし歯や歯周病の重症化を招きます。

成人期
高齢期
高齢期

噛む・食べる、話す、笑う、食いしばる、呼吸するといった歯とお口の機能は、充実した日常生活を過ごすために欠かせません。

高齢期
妊娠中の方
妊娠中の方

女性の口腔環境は妊娠で大きく変化します。妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、歯周病菌が増殖して歯周炎が起きやすくなります。

妊娠中の方

疾患・病気別

むし歯
むし歯

歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療を心掛けております。

むし歯
歯周病
歯周病

歯周病の予防や治療は全身の健康とも関連があることから、生涯を通じた健康づくりに欠かせない課題であるといえます。

歯周病
歯の欠損
歯の欠損

歯の喪失は、噛む、食べる、笑う、話す、くいしばるといったお口の機能低下により、日常生活に支障をきたします。

歯の欠損
噛み合せ
噛み合せ

噛み合わせが悪いと、本来の歯の役割や機能が十分に発揮されません。また、頭痛や肩こりが起きやすくなります。

噛み合せ
顎関節症
顎関節症

「関節のまわりが痛い」「口が開けづらい」「口の開け閉めでカクカクする」といった症状の慢性的な病気です。

顎関節症
歯並び
歯並び

不正咬合のほとんどは、摂食、咀嚼、嚥下などのお口の機能はもとより、発語、呼吸、姿勢などの機能異常を認めます。

歯並び
医療法人社団健口会長畑歯科医院 082-822-2488
アクセス



〒736-0046
広島県安芸郡海田町窪町4-51

TEL:082-822-2488

■診療時間
月~土(9:00~13:00)
月、火、水、金(14:30~18:30)
土午後(14:30~17:00)

■休診日
木曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら