ホーム > 歯周病

歯周病

歯周病
歯周病とは、歯を支えているまわりの組織に起こる病気です。歯こう(プラーク)の中の歯周病菌が歯肉に炎症を起こし、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまいます。
歯周病は糖尿病や高血圧などと同じ生活習慣病といわれ、不適切な生活習慣によって発症・進行しやすくなります。また、歯周病は進行するまで症状が出にくく発見が遅れがち。さらには狭心症・心筋梗塞、糖尿病、肺炎など全身のさまざまな病気に関わっていることが分かってきています。
自覚症状がなくても定期的にかかりつけの歯科医院で健診を受けることにより、早期に改善することができ、定期的なメンテナンスにより歯を維持することもできます。歯周病の予防や治療は全身の健康とも関連があることから、生涯を通じた健康づくりに欠かせない課題であるといえます。

歯周病を防ぐ生活上のポイント

毎日のセルフケアを確実に行いましょう

毎日の歯みがきで上手に歯垢(プラーク)を除去しましょう。
歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助用具を使って清潔なお口を保ちましょう。

定期的にプロフェッショナルケアを受けましょう

歯科医院で行う専門的なケアで歯垢や歯石を取り除くとともに、セルフケアのチェックと指導を行います。

歯周病のサインは?

以下の症状があるときは、かかりつけの歯科医に相談することをおすすめします。
歯ぐきのふちが赤い

歯周病の初期段階は、歯肉が炎症を起こす歯肉炎です。
炎症を起こすと歯ぐきのふちが赤くなります。歯ぐきの腫れが目立つ、歯を磨いたときに出血するなどの症状があれば歯周病の疑いがあります。

歯石が目立つ

歯垢(プラーク)が石灰化すると歯石になります。
歯石になると、もはやブラッシングだけでは取り除けません。

起きたときに口の中がネバネバする

歯磨きが不十分だと歯垢がたまって、口の中がネバネバすることも。
夜寝ている間は、口の中に水分や栄養が豊富にあり、歯周病原細菌の活動が活発になります。

歯が長くなった

歯を支える骨が溶けると歯ぐきも下がって、歯がのびてきたように感じることがあります。

指で押すと歯が揺れる

歯を支える骨が溶けはじめると、歯が浮いたような感じになったり、指で押すとグラグラすることがあります。この段階になるとかなり歯周病が進んでいます。

医療法人社団健口会長畑歯科医院 082-822-2488
アクセス



〒736-0046
広島県安芸郡海田町窪町4-51

TEL:082-822-2488

■診療時間
月~土(9:00~13:00)
月、火、水、金(14:30~18:30)
土午後(14:30~17:00)

■休診日
木曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら