ホーム > 歯の欠損

歯の欠損(歯を喪失した場合の対応)

歯の欠損(歯を喪失した場合の対応)
歯の喪失は、噛む、食べる、笑う、話す、くいしばるといったお口の機能低下により、日常生活に支障をきたします。
歯科医では欠損部を人工的に補う治療を行います。欠損した歯の部位や本数、噛み合わせの関係などによって入れ歯・ブリッジ・歯の移植・インプラントのいずれかの方法、あるいはこれらの組み合わせで修復します。
それぞれの治療法には必ず利点・欠点があります。また、患者さまの思いもありますので、どの治療を選択するかは慎重に決める必要があります。不明な点については遠慮されずに相談することをおすすめします。

取り外し可能な義歯による治療

部分入れ歯

数本の歯を失っている場合、部分入れ歯によってその欠損部を補うことができます。
クラスプと呼ばれる金属で人工歯を両隣の歯に固定するため、取り外しが可能です。

総入れ歯

不幸にしてすべての歯を失ってしまった場合、総入れ歯で治療します。
総入れ歯は、人工の歯を取り付けた義歯床を、歯肉(歯ぐき)やその周囲で直接支えます。

ブリッジ(固定式)

1本~数本の歯を失った箇所の両隣の歯を支えにして歯の欠損部を補う方法です。
両隣の歯を幾分か削って支台とし、そこに一体型の連結冠を被せます。連結冠はセメントで支台に固定されるので、取り外すことはできません。

歯の移植

歯を失った場所に自身の余っている歯(親知らずなど)を移植して利用する方法です。

インプラント

むし歯や歯周病、外傷によって歯を失ったり、先天的に歯がなかったりする場合、歯がない部位のあごの骨に人工の歯根を埋め込み、固定式あるいは取り外し式の義歯を取り付けて欠損部を補う治療法です。
インプラント治療の長所

義歯の固定において、インプラントは最も優れた方法です。
歯を失った部分にインプラントを埋め込むので、残っている周囲の歯に負担をかけずに治療を行うことができます。

インプラント治療の短所

インプラントを埋め込むための手術を受ける必要があるため、全身状態がよくない場合には適用が難しいことがあります。
治療期間が長く、健康保険が使えないので治療費が高額です。また、天然の歯に比べると感染に弱いことも挙げられます。
さらに、埋入部位の骨が痩せているなど十分な骨量がない場合、治療が困難になることもあります。

医療法人社団健口会長畑歯科医院 082-822-2488
アクセス



〒736-0046
広島県安芸郡海田町窪町4-51

TEL:082-822-2488

■診療時間
月~土(9:00~13:00)
月、火、水、金(14:30~18:30)
土午後(14:30~17:00)

■休診日
木曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら