ホーム > 歯並び

歯並び

歯並び
不正咬合のほとんどは、摂食、咀嚼、嚥下などのお口の機能はもとより、発語、呼吸、姿勢などの機能異常を認めます。
矯正治療は、正常な発育に戻すことで歯並びや食べる機能まで考慮した一連の治療です。

早期治療 Ⅰ期治療

乳歯列期、混合歯列期に歯列咬合の基盤となるあご骨を正常化させ、お口の機能をはじめとする全身の機能を調和させて歯列咬合を改善する治療です。
問題を早期に対応することで、最小限の治療で済みます。(子どもたちの矯正を参照)

Ⅱ期治療

永久歯列期以降に固定式装置を用いて歯列咬合を整え、お口の機能を調和させる治療です。

限局矯正治療

主に、永久歯列が完成した後に行う治療法で、歯列全体ではなく数本の歯だけを動かす矯正法が限局矯正治療です。
歯の移動を一部行い治療が完結できる場合や、歯の移動を補綴治療(入れ歯、ブリッジ)を行う前処理として行う事もあります。
また、歯周病の治療では、歯の挺出や整直により積極的に骨の欠損を改善する場合があります。
歯とその周囲の組織が調和している状態を取り戻すことによって、予後がよく、優れた外見と機能の回復ができることが知られています。
医療法人社団健口会長畑歯科医院 082-822-2488
アクセス



〒736-0046
広島県安芸郡海田町窪町4-51

TEL:082-822-2488

■診療時間
月~土(9:00~13:00)
月、火、水、金(14:30~18:30)
土午後(14:30~17:00)

■休診日
木曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら