ホーム > 世代別・年代別

世代別・年代別(歯は一生のパートナー)

世代別・年代別(歯は一生のパートナー)

妊婦さん

口の中がむし歯や歯周病になりやすい環境になっています。
妊婦さん

女性の口腔環境は妊娠で大きく変化します。妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、歯周病菌が増殖して歯周炎が起きやすくなります。さらに唾液が減少して口腔内が酸性に傾き、むし歯にかかりやすくなります。
また、つわりの影響で一度にたくさん食べられないため、食事の回数が増え、口腔の環境は悪くなります。ひどいつわりのために、歯磨きができないという方もいます。
歯周病や歯肉炎を治療せずにそのまま放置しておくと、歯周病菌や炎症性物質が子宮収縮を促すプロスタグランジン等の血中濃度を上昇させ、早産を起こす可能性も。
胎盤や子宮へ歯周病菌が感染することで、低体重児出産の確率が高くなるともいわれています。それだけに、妊娠中も継続して歯科を受診してともに口腔ケアに努めましょう。

健診や治療を安心安全に受けるために

かかりつけの歯科医を受診するときは、母子健康手帳を持参して、産婦人科医から注意を受けていることや現在の体調などを必ず伝えましょう。
妊娠16週以降の安定期の治療をおすすめしますが、安定期以外でも治療は可能です。
治療において、歯科用の局所麻酔や、防護したうえでのレントゲン撮影は胎児にはほとんど影響しません。
痛み止めや化膿止めの薬は、比較的安全なものを必要最小限使用するのであれば問題ありません。

赤ちゃんに丈夫な歯のプレゼントを

赤ちゃんの歯は、妊娠7週目にはすでにつくられています。バランスのよい食事でいろいろな栄養を取り、丈夫な歯に育ててあげましょう。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、むし歯や歯周病の原因となる菌はいません。多くの場合、およそ1歳から3歳の間に母親からの感染が原因となります。
歯科健診や適切な治療・指導を受けてご自身のお口を清潔に保ち、子どもたちのお口の健康づくりを始めましょう。

子どもたち(乳幼児期)

むし歯のない健康な歯肉と、歯並びのよい歯列を目指しましょう。

近年、噛まない、噛めない、飲み込めない子どもたちが増えてきています。また、むし歯以外に歯肉炎や歯並び、そして顎関節症などの病気も多くなっています。幼いころからの食生活などの習慣のひずみが、知らず知らずのうちに生活習慣病となって、からだ全体の病気につながっていきます。
“お口は健康の窓”です。お口の中からお子さんの健康を小さいときから一緒に守ってあげましょう。
子どもの歯を守るためにもうひとつ大切なことは、家族全員で予防に取り組むことです。むし歯や歯周病にはリスク(なりやすさ/かかりやすさ)があります。このリスクには個人差があり、体質や生活習慣などに影響されます。
お子さんの口腔内の状態を把握することにより、早い段階でのむし歯の発見、早期処置、また早期の経過観察といったむし歯のコントロールができます。

子どもたちに治療(学齢期)

規則正しい生活と、適度な運動、栄養のよい食事を取りましょう。

子どもの歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)が混在する小学生の時期と永久歯が生え揃う中学生の時期は、あごの成長・発育する時期でもあります。
生活面では自立とともに不規則な生活になり、食生活も乱れてきます。間食、清涼飲料水の問題においても、口腔環境は悪化してむし歯や歯肉炎の発症と増加が認められます。口臭も歯並びも気になる年頃です。
したがって、この時期の注意点としては、規則正しい生活と適度な運動、栄養バランスに気をつけよく噛んで食べることです。そして、定期的健診を受け、むし歯や歯肉炎の予防と早期治療が望まれます。

子どもたちの矯正

遺伝的要因だけではなく、環境要因が大きく関係しています。
受け口(反対咬合)
受け口(反対咬合)

通常とは逆の、下の歯が上の歯をおおっている状態。うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい発音になることがあります。
通常、食べ物は奥歯で噛み込むものですが、前歯で噛む癖があると、下あごが前に出て来て受け口になってきます。

出っ歯(上顎前突症)

上の歯が前に出ているので、横から見ると口の出っ張りが目立つほか、意識していないと口が開いたままになっていることが多く、口呼吸になりがちです。

歯が重なり合って生えている(叢生)

あごと歯のバランスが悪いと、歯が口の中に収まるスペースが足りなくなり、八重歯など歯並びが悪くなります。歯磨きがしにくく、むし歯や歯周炎の原因にもなりがちです。

すきっ歯(空隙歯列)

歯と歯の間に隙間ができ、必要な歯が生えてこないこともあります。空気が漏れて「サ行」などが発音しにくく、見た目も気になります。

開口(前歯が開いている)

奥歯は噛み合っているのに、前歯だけが噛み合わない状態をいいます。噛む作業が奥歯に集中しやすくなり、食べ物が食べにくく、柔らかいものばかり食べる習慣がついてしまいます。原因としては指しゃぶりや前歯の隙間に舌を入れる癖などが考えられます。

噛み合わせが深い(過蓋咬合)
噛み合わせが深い(過蓋咬合)

上の歯の噛み合わせが深く、下の歯が隠れてしまう状態のことをいいます。下あごの動きがよくなく、顎関節症を引き起こしたりします。

こういった不正咬合の原因は、上下のあごの位置や大きさの不調和、あごと歯の大きさの不調和、悪習癖などさまざまなものが考えられます。これらは遺伝的要因だけでなく、環境要因が大きく関係しています。
子どもの矯正は、成長発育を利用して、幼児期や小学校低学年より好ましい噛み合わせを目指すことができます。機能矯正装置を用い、さらに筋機能療法(摂食や姿勢および口腔周囲筋の改善を目的としたトレーニング)や食育を通じて、早い時期からあごのバランスをとり、個人の適応に配慮した治療をすることで、無理のないよい噛み合わせを目指すことが可能です。気になるところがありましたら、早めの来院をおすすめします。

成人期

たばこやストレスなどの生活習慣がむし歯や歯周病の原因に。

けがなどによって歯が折れたり抜けたりする場合もありますが、歯を失う原因の7割以上はむし歯と歯周病です。
むし歯や歯周病で歯やお口の機能を失うと、生活の質(QOL)の低下を招きます。さらに、40歳前後を境に、歯周病が原因で歯を失う割合が急激に増えていきます。その歯周病は、30歳以上の成人の約8割がかかっているといわれています。
むし歯や歯周病はいずれも細菌が関与する病気ですが、ほかの多くの要因が関与した結果として発症する病気でもあります。また、「バランスのよくない食事」「間食が多い」「たばこを吸う」「ストレスが多い」など、生活の悪い習慣もむし歯や歯周病を進行させてしまいます。
社会人となり多忙でメンテナンスに通院できなくなるこのライフステージに、むし歯や歯周病の重症化を招きます。

高齢期

充実した日常生活のために、歯を20本以上残したい。
高齢期

むし歯や歯周病により歯を失うことが増えてきます。歯の喪失に伴い、十分に噛めなくなると、唾液の分泌が減少したり低栄養状態を招きます。さらに、身体機能の低下や、肺炎のリスクの増加にもつながります。
多くの調査や研究結果から、歯が20本以上あると、何でも噛んで食べることができ、噛める人ほど運動能力が高いことも分かってきました。
一方、噛み合わせがない認知症高齢者は転倒しやすいということもいわれています。噛む・食べる、話す、笑う、食いしばる、呼吸するといった歯とお口の機能は、充実した日常生活を過ごすために欠かせません。
歯とお口を清潔にして本来の機能を保っていくことで、肉体的にも、精神的にも、社会的にも健康を維持することができます。

〈訪問歯科診療〉
訪問歯科診療は、要介護高齢者など通院や医療機関への搬送が困難な場合に、在宅や施設で歯科診療が受けられるものです。
むし歯や歯周病に代表される疾患は、放置しているとやがて歯を失う結果となり、咀嚼をはじめとする口腔機能の低下を招きます。これら口腔機能を回復させることは、食べることの楽しみなどQOLに関することはもちろん、全身の健康と生命予後に影響します。
要介護高齢者における口腔清掃状態の悪化は、誤嚥性肺炎の原因にもつながりますので、定期的なチェックが必要です。終末期においても、自らの口で食べるための歯科的対応は、生きる力を大いに支援するものです。外来通院が困難であっても、治療をあきらめないことが重要です。

〈周術期口腔ケア〉
抗がん剤や放射線による治療で、口腔の粘膜に炎症が起き、痛みや出血、味覚障害、嚥下障害などが起きます。症状が進むと、食事がほとんど取れなくなり、体力や免疫力が落ち、感染や発熱を起こします。唾液腺がダメージを受けると唾液の分泌が少なくなり、むし歯や歯周病が急激に悪化します。
がん患者の治療前や開始後に専門的口腔ケアを行うと、口腔粘膜の炎症の重症化に予防効果があり、また術後合併症の減少、早期離床、早期経口摂取の開始、在院日数の短縮などさまざまなメリットがあるといわれています。
担当医師からの指示があればかかりつけ歯科での口腔ケアを受けて下さい。もちろん、常日頃のセルフケアと定期的なプロフェッナルケアを怠らないようにすることが大切です。
医療法人社団健口会長畑歯科医院 082-822-2488
アクセス



〒736-0046
広島県安芸郡海田町窪町4-51

TEL:082-822-2488

■診療時間
月~土(9:00~13:00)
月、火、水、金(14:30~18:30)
土午後(14:30~17:00)

■休診日
木曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら